話題のスポットや、音楽、ショップ、グルメなど、そしてときどきマーケティングや金融のことを綴ります


by toyamanoie31013
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

NIKEのブランド力

ナイキのマーケティング部長の講演を聞く。

そのときの感想。

トップアスリートは、アーティストであり、俳優である。
フィールドは、ステージ(舞台)。
プレゼンテーションを聞き、そのように感じました。

例えば、マラソン。
トップランナーはテレビを2時間独占し、筋書きのないドラマを作り上げる。

そして、サッカー。
芸術的なシュートで、ファンに歓喜の瞬間をもたらす。

スポーツメーカーがブランディングにアスリートを使う手法は、ある意味自然なことです。
アスリートのウェアやシューズには、ナイキのロゴ。
これは、ドラマなどで使われるプロダクト・プレイスメントと同じで、圧倒的な説得力を持ちます。人はトップアスリートに憧れ、せめて同じスポーツ・ギアを使うことで、マイケル・ジョーダンやタイガー・ウッズになった気持ちになるのです。

興味があるのは、今後の日本でのビジネス展開の行方。
ランナーの65%が30歳以下ですが、少子化が進み、対象となる人口が減ります。
"Human Race 10K"は、木村カエラやサンボマスターなどライブを行い、20歳前後をターゲットにした大規模イベント。これに代表されるようにマーケティングの中心は若者向けをターゲットにしています。
"Youth is our energy"を掲げるナイキが、日本のマーケット環境の変化で戦略を変えていくのでしょうか?

また、プレゼンの最後に"Idea factry", "curiosity"の説明がありましたが、どの分野でも好奇心がビジネスする上での最大の源泉であることを改めて痛感しました。

最後の日本スタッフ向けのビデオでは、何度も鳥肌が立ちました。
スポーツはやはりいいですね。
「KOBE HyperDunk」

ボサノバの音楽もセレセンもすべてがクール。ブラジルの世界。

タイガー・ウッズの有名なCF。

[PR]
# by toyamanoie31013 | 2008-11-13 22:38 | マーケティング

キューバ最高のバンド

村上龍さんプロデュースのBAMBOLEOのライブがビルボード東京で開催される。
d0098729_2314892.jpg

昨年までのスイート・ベイジルではないので、ちょっと大人しく、大人な雰囲気。
つまり、踊るスペースがないので、いつものステージと観客との一体感がなかったのが残念。

とはいっても、ステージ最前列(偶然にもチャカ・カーンのときと同じテーブル!)でタニアの歌声を聴ける極上の一夜。だって、本国では10万人を動員する歌姫なんです。
d0098729_2311393.jpg


村上龍コメント
キューバ最高の歌姫タニア・パントーハを擁するオルケスタ・バンボレオが来日します。
「METALLIC VELVET(メタリックなビロード)」と形容されるタニアの驚異的な声と歌唱力、坂本龍一が「思索するピアニスト」と絶賛したバンドリーダー、ラサロ・バルデスのピアノ、そして今回は特別ゲストとして、あのNG・ラ・バンダの創設メンバーでキューバ最高のベーシスト、フェリシアーノ・アランゴが参加しています。
オルケスタ・バンボレオのドライブ感あふれる超絶技巧の演奏で、熱くロマンティックな興奮を味わっていただきたいと思います。
参考: http://video.msn.co.jp/rvr/music/bamboleo/default.htm

会場には幻冬舎の関係者が多数。
プロフェッショナルにも出演したカリスマ編集者にもご挨拶。最近の担当の作家は減って8人とおっしゃっていた。
[PR]
# by toyamanoie31013 | 2008-11-09 23:06 | ミュージック

売れ顔

ミッドタウンでマーケティングのセミナー。
友人が、『売れ顔の法則』 を出版し、それに関する講義。

参加者の記憶に残る内容にするにはどうしたらよいか? 

随所に工夫、時には体を張ったものもあり、講師の探究心の高さに改めて感心する。
そしてなによりも、仕事をしながら本を出すエネルギーに脱帽。凄いことだと思う。

終わって、モーターショーが開催されない年に行うことになったTOKYO MOTOR WEEK 2008ネスプレッソのコーナーを見学。

最後に古内東子さんらのライブ。リハーサルから聴けてちょっとラッキー。彼女の声は、独特のしっとりとした質感があり、その落ち着いて、情感溢れる曲が好き。
歌う姿を見ていたら、友人のKeikeiに似ていることに気が付く。
顔も、声も本当に似ている。
[PR]
# by toyamanoie31013 | 2008-11-09 00:37 | マーケティング

デザインと社会

吉岡徳仁の新作 『Tear Drop』
d0098729_09434.jpg
d0098729_092179.jpg

限定で先着20名は、直筆サイン入りで購入しそうになるも、使用のイメージが沸かず思いとどまる。

私が使っているモトローラの携帯は、確か購入費の1%がエイズ基金に寄付される仕組みになっている。徳仁さんの今回の作品(商品)も、このサイト経由で購入した場合、利益が寄付されるようになっている。

商品名は、アフリカの飢餓で苦しむ子どもたちを想起させ、また、まさに涙の雫のライトは、すべてにおいて感性度が高い。

アクトエイズや非戦など、音楽アーティストによる社会貢献活動が注目されるが、プロダクトデザイナーによる社会貢献がもっともっと増えればいいと思う。

まずは、自分が購入して応援することからはじめるか。
[PR]
# by toyamanoie31013 | 2008-11-06 00:24 | マーケティング
“DESIGNTIDE TOKYO”の最後を飾るパーティ?
「TORAYA CAFE」、「ピエール・ガニェール・ア・東京」、「ピエール・エルメ」といった、スイーツ・メゾンの東西横綱の登場、雑誌の撮影を兼ねた演出、そしてPFMのDJ。

いつもとは違った知った顔がちらほら。
主催者がこちらの関係なので、それ繋がりの人多数。
d0098729_22175460.jpg
d0098729_22181827.jpg

d0098729_22231241.jpg

またもやシャンパンを飲む、飲む。
d0098729_22183464.jpg
d0098729_22185049.jpg
d0098729_2219533.jpg
d0098729_22191947.jpg

[PR]
# by toyamanoie31013 | 2008-11-03 22:20 | イベント

天空のパーティ

オーデマ・ピゲの「ミレネリーの世界を巡る展」

「MILLENARYミレネリー」の全モデルが日本で初めて集合したエキシビションで、ミレネリーの「森田恭通モデル」、MILLENARY LIMITED EDITION by MORITAが発表される。
OVALの大き目のフェイスが大人。

ステージには、森田さん、そして奥様の大地真央さん。
大地さんの年齢を超越した美しさに息を飲む。
d0098729_22581360.jpg

時計は、シャンパンの騎士団にも任命されている森田ならではの泡をモチーフにしたデザイン。
d0098729_22583397.jpg

飲み友達とシャンパンをひたすら飲む。葉巻も。
d0098729_22584639.jpg

カウンターの隣りで、フランス語を話す男性がいたので、酔った勢いで声を掛ける。
実は、アジアのある都市のCEOだった。気さくな方で、とても東京が気に入っているという。前日は、森田さんたちとチーズフォンデューを食べたが、素晴らしかったとのこと。

お土産はモエのミニボトル。一週間冷やして待っていると、ギフトが届くのでそれと楽しむようにというメッセージ。ドルチェ?かな。

途中から、Aさん合流。
未来画廊でのオープニングレセプションがあるというので、向かうも作家は移動済み。飲み友達がふと気付くとレジで、絵を購入しているのには驚いた。

その後、お気に入りの国立新美術館近くの和食へ。
なぜか、シャックリが止まらず、酔っ払い状態が情けない。
[PR]
# by toyamanoie31013 | 2008-10-29 22:45 | イベント

プレミアム・マガジン

雑誌不況の中、存在感が際立つ『VOGUE』
d0098729_0103364.jpg

本日発売の12月号でも、読者を惹きつける内容が満載。
中でも、これには驚かされた。

 夢いっぱいのプライスレス・ギフト
d0098729_23553170.jpg

紀信さんの撮影に、ミキティーのレッスン。個人的は、マリーナ・カポスの肖像画だろうな。

雑誌不況の時代に創刊するなんて、とよく聞かれるのだが、まったく心配していない。明快な読者ターゲット、広告集広のユニークな手法、そして何よりも面白くて新鮮なコンテンツがあれば成功しないわけはない。

これは、VOGUEの元編集長で、コンデナスト・パブリケーションズ・ジャパン社長の斎藤和弘さんの言葉。彼は天才編集者で、世界のVOGUEでたった一人の男性編集長だった。

雑誌業界でも、シンプルで、当たり前のことを実践するのが実は難しく、それができるところが結局生き残るというか、読者に評価されるのであろう。

ところで、今回のEditor's Letterから、斎藤さんから新編集長の渡辺三津子さんいバトンタッチ。いつも楽しみにしていたエッセーだけにとても残念。
[PR]
# by toyamanoie31013 | 2008-10-28 23:56 | マーケティング

グルメな夜

いろいろな食材や食の楽しみを発見できる集まり。

去年は大七の梅酒に出逢えた。焼酎ではなく、お酒で漬けた梅酒をロックで飲むと最高に旨い。別次元の味。
ちなみに、洞爺湖サミットの乾杯酒に、大七酒造の「妙花闌曲グランド・キュヴェ」が選ばれたそう。さすがにこのお酒は出ていなかったけど。

鱸のオリーブとホウレン草の塩釜蒸し。残念ながら、オリーブの香ばしさがあまり出ておらず、出来はいまひとつ。新いレシピへのチャレンジはいいけどね。
d0098729_23281145.jpg

鯖の刺身と棒寿司。脂がのっていて、とても旨い。もともとヒカリモノ好きの私は、何度もオワカリする。
d0098729_23283449.jpg

d0098729_23284967.jpg
d0098729_2329834.jpg

期待した塩キャラメルプリンは、ちょっとコクが足りず、また量が多すぎで完成度は残念ながら高くない。塩キャラメルブームだけど、もう一息!
d0098729_23292472.jpg


美味しいものをたくさん食べたけど、最大の収穫は職業柄、いろいろなお店を取材している方から仕入れたレストラン情報。イタリアンと和食が好きだと伝えると、パスタが美味しいイタリアンと、焼鳥のお店を教えてくれた。知らないお店だっただけに、とても興味が。そして、山梨の天然酵母のパン屋も。
[PR]
# by toyamanoie31013 | 2008-10-26 23:26 |

多芸な文豪

都民のトップ、石原慎太郎都知事。

私も選挙のときは一票を入れた。

彼は、政治家であり、作家でもあるが、絵やヨットの趣味でも有名で、それも並みのレベルではない。
アルマーニで、10代のときのデッサンを中心とする作品の個展を開催中。
d0098729_22574390.jpg


高校時代、海運会社の重役だった父がなくなり、東大の仏文を諦めて一橋に入学するなど、まさに多感な十代だったと思う。

デッサンも独特の感性、幾何学的なデザインもある。
ときに横暴とも思える発言で物議を醸す石原氏だが、その作品は別次元の世界観がある。
d0098729_2321960.jpg
d0098729_2323620.jpg


世界のアルマーニもその才能に惚れたのだから。
[PR]
# by toyamanoie31013 | 2008-10-21 22:43 | アート

初体験

馬具が発祥のブランドだけに、銀座の街で乗馬。
d0098729_21183356.jpg


そして水タバコを体験。タバコを吸わないので、恐る恐るトライする。香りを楽しむものなのだそう。
mixiにも水タバコのフォーラムがあって、自宅で楽しんだりする人もいるとのこと。
d0098729_21215989.jpg

インテリアとしても、面白いかもしれない。
[PR]
# by toyamanoie31013 | 2008-10-19 21:17 | イベント