話題のスポットや、音楽、ショップ、グルメなど、そしてときどきマーケティングや金融のことを綴ります


by toyamanoie31013
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

所信表明演説

国会での麻生太郎総理の所信表明演説

あまりの棒読みで、気持ちが入っていない酷いものなので夕刊で全文を読んでみる。

■就任に当たって

 わたくし麻生太郎、この度、国権の最高機関による指名、かしこくも、御名御璽(ぎょめいぎょじ)をいただき、第92代内閣総理大臣に就任いたしました。

 わたしの前に、58人の総理が列しておいでです。118年になんなんとする、憲政の大河があります。新総理の任命を、憲法上の手続きにのっとって続けてきた、統治の伝統があり、日本人の、苦難と幸福、哀(かな)しみと喜び、あたかもあざなえる縄の如(ごと)き、連綿たる集積があるのであります。

 その末端に連なる今この時、わたしは、担わんとする責任の重さに、うたた厳粛たらざるを得ません。

 この言葉よ、届けと念じます。ともすれば、元気を失いがちなお年寄り、若者、いや全国民の皆さん方のもとに。

 申し上げます。日本は、強くあらねばなりません。強い日本とは、難局に臨んで動じず、むしろこれを好機として、一層の飛躍を成し遂げる国であります。

 日本は、明るくなければなりません。幕末、我が国を訪れた外国人という外国人が、驚嘆とともに書きつけた記録の数々を通じて、わたしども日本人とは、決して豊かでないにもかかわらず、実によく笑い、微笑(ほほえ)む国民だったことを知っています。この性質は、今に脈々受け継がれているはずであります。蘇(よみがえ)らせなくてはなりません。

 日本国と日本国民の行く末に、平和と安全を。人々の暮らしに、落ち着きと希望を。そして子どもたちの未来に、夢を。わたしは、これらをもたらし、盤石のものとすることに本務があると深く肝に銘じ、内閣総理大臣の職務に、一身をなげうって邁進(まいしん)する所存であります。

 わたしは、悲観しません。

続き

まるでマーチン・ルーサー・キングの演説を、そのまま日本語に持ってきたような短い文章で構成している。しかし、これでは自分の言葉になっていないので、棒読みにならざるを得ない。何でこうなってしまったのだろう。もっと素直に、普段の自分のスタイルで話す方が、ずっと良いはずなのに。

ちょうど週末、アメリカでの大統領選に向けた討論があったが、オバマは話しが上手。クリントンもスピーチの上手さで大統領になったところがあるが、オバマもいけるかもしれない。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2008-09-30 00:58 | マーケティング

おくりびと

人生とは、生老病死。
生まれたときから、死に向かって生きるもの。

人生最後のときをどう迎えるのかは、想像がつかないが、それはその人の人生の集約なのかもしれない。

人生の最後をどう送られるか。

去り行く者と、見送るものとも関係。

おくりびとを観て、そんなことを考えていた。
d0098729_21555351.jpg


モックンの静謐ともいえる演技がすばらしい。

また、小山薫堂の脚本は、彼らしいおしゃれなエッセンスが加えられていて、物語が紡がれる。石文は、向田邦子のエッセーからという。

また、彼が連載しているGRACEにもこの映画についてのエピソードが書かれていて面白い。

製作秘話

「おくりびと」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
by toyamanoie31013 | 2008-09-29 00:06 | 映画

golf

最近ゴルフをする人が、私の周りで本当に増えた。

誘われることも多くなり、久し振りのラウンド。
d0098729_2126073.jpg

曇りで、風もなく、気温も暑くもなく寒くもなくといった絶好のコンディション。

しかしスコアは相変わらず。来月はコンペもあるので、レッスンでも通うか真剣に考えてしまう。

ところで、ゴルフは本当にファッションから火が付いた感じ。おしゃれなウェアが多い。
ファッション誌やメンズマガジンでも、ファッションからゴルフにアプローチする特集が当たり前。

BAILA ゴルフイベント リポーター募集

『オーデマ ピゲ×GQカップ』
[PR]
by toyamanoie31013 | 2008-09-28 21:38 | プライベート

DROPCLOCK

天才 中村勇吾

こんなスクリーンセイバーは見たことがない。

まさにアート。

水流、飛沫、水没、すべてが計算され尽されている。

その才能に鳥肌が立つ。


[PR]
by toyamanoie31013 | 2008-09-18 22:59 | マーケティング

混乱の中で

世界の金融マーケットが大きく揺らいでいる。
各メディアや金融機関のレポートは、金融の「不安」、「危機」、「混乱」などと異なった表現をしているが、慎重に言葉を選んで欲しいものだ。

さて、今回のベアー・スターンズ、FNMA(ファニメ)とFHLMC(フレディマック)、リーマン、AIGに関した、アメリカ政府のダブルスタンダードが俄かに注目されている。しかし、問題はそのプロセスやディスクローズであって、私はきちんとした論拠があり、決断した結果だと思う。

ベアーのときは、いわば初期ガンで、急激な信用収縮による対応で、マーケットを安定させる必要性があった。

FNMA(ファニメ)とFHLMC(フレディマック)は、その性質上から破綻させてはならぬ、いわば国王の息子が瀕死の重傷を負って、最先端の医療で全力を挙げて、命がけで救う必要性があった。
*米政府系住宅公社についてはこちらの記事が分かりやすい

リーマンは、ステージⅡぐらいで留めて置きたかったが、あっという間にガンが進行してしまい、オペをしたらステージIV、全身に転移して手の施しようがなく、オペを中止。

AIGは、ニッセイとみずほが同時に破綻するようなもので、そんなことになったら国家の金融不全に陥るので、深く考える余地はなく、大統領選前でもあるので即救済決定。

しかし、短期間でよくも次から次へかの国は決断するものである。

翻って日本。国家戦略も描けぬまま、瑣末な眼の前の争いに終始し、国民とかけ離れた次元で国家元首が決っていく。。。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2008-09-17 22:28 | 金融