話題のスポットや、音楽、ショップ、グルメなど、そしてときどきマーケティングや金融のことを綴ります


by toyamanoie31013
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

C-Class&Music

フルモデルチェンジしたC-Classのお披露目イベントが、代々木公園で開催される。

J-waveの音楽番組、「MODAISTA」とのコラボレーション。音楽イベントといったらAudiだが、今回のMERSEDES BENZのイベントは、都市型の30ー40代を意識している。

C-Classのテーマは、精悍なアバンギャルド優美なエレガンス。2つのコンセプトでそれぞれ展示室が用意され、車をディスプレー。コンパニオンが車を説明するといったことは無く、明るくて、エレガントな空間構成。せっかくなので、ル・コルビュジエ のソファでエスプレッソを楽しむ。

「C」を模ったオブジェ。鉄板で作っているが、どれくらいの重さなのだろうか?
d0098729_23562944.jpg

ルワンダ出身、奇跡の歌声を届けるソウル・シンガー「コルネイユ」のライブパフォーマンス中。
d0098729_23564283.jpg

[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-06-24 23:49 | イベント

取り戻した輝き

パイレーツの桑田真澄投手が、マリナーズ戦でイチローからの三振を含む4奪三振、2回を1安打無失点に抑えるピッチング。

変化球の切れ、コントロールが抜群で、安定感があった。

開幕直前に、大きな、そして審判と衝突しての怪我という不運としか言いようが無いアクシデントを乗り越えて、メジャー昇格を果たし、今日のピッチング。

何度もくじけそうになる気持ちを克服し、トレーニングをして、メジャーのマウンドに上がるという「夢」に向かって諦めない姿勢。

全盛期の球威は無くても、配球の組み立て、コントロールで、バッターを翻弄していた。

一瞬の輝きではなく、今後の活躍に期待したい。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-06-22 23:23 | スポーツ

OPUS7

HARRY WINSTONのバーゼル新作発表会でリッツ・カールトンへ行く。

敷居の高さ随一のアメリカのジュエリー・ブランド HARRY WINSTON

まず、部屋に入ったところでオーパス・ワンの2003年もの。豊かな香りと、口に広がるふくよかな味わい。オーパス繋がり、そして、これからはじまる非日常空間へのプロローグ。

ミッドタウンの店長にアテンドしてもらい、OPUSシリーズを眺める。これだけの時計が一同に集まる様は、まさに圧巻。顧客から借りて展示しているとのこと。OPUS・TWOのシンメトリーの美しさに見入る。
d0098729_23393468.jpg

ちなみに今回のOPUS7は、リューズ操作で、時間を示すオンデマンド時計。一回押すと時間を、二回押すと分を表示する。これまでの時計の域を超えた、未知の世界の時計。限定50本、うち日本では2本販売、24,360,000円なり。
d0098729_23355210.jpg


ミッドタウンオープン記念に作られた限定品6本の430万円ぐらいの時計を勧められる。4本既に売れているとのこと。

店内にはジュエリーだろう!、と突っ込みを入れたくなるような3億円の時計もあり。

最後は、マムのシャンパンとキャビアをいただく。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-06-21 23:52

犬とピアノ

先月オープンしたサピアタワーで、建築家の千葉学氏の講演。

建築関係の雑誌で最近よく目にし、注目していた日本盲導犬総合センター。盲導犬の特徴をどのように取り入れたか、設計にいたるポイントの話を興味深く聞く。
千葉氏は、富士宮市の町おこしのお手伝いもしていて、10月に自転車レースを日本盲導犬総合センターをメイン会場に開催するとのこと。レース観がてら、施設の見学に行くのも面白そう。

終わって、銀座でピアノコンサート。

ショパン、モーツァルトなどをSTEINWAYのピアノで。やはりSTEINWAYはいいです。

d0098729_23541100.jpg

[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-06-16 23:24 | ミュージック

口説き文句

今日は、会社の送別会。

人生は、別れと出会いの繰り返し。

出会いがあれば、いつかは分かれる。

大ボスの送る言葉は、「一年後に戻っておいで」

去るとき、その人となり、人徳が見えてくる。

かくありたいもの。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-06-16 00:00 | プライベート

夏の雅

都内のホテルで、庭園散策のお気に入りは「ホテルニューオータニ 東京 と「椿山荘」。

どちらも広大な敷地を有する由緒ある庭園で、四季の移り変わり、特に桜と紅葉の時期を楽しむには穴場的なスポット。

椿山荘のこの時期は、ほたる
d0098729_2256446.jpg

入梅前のつかの間の夜に、川面に浮かぶほたるを愛でる。

ほたるに照らされた静寂なひとときを愉しむには、見物客が多すぎるが、家の近くにこのような環境が存在していることは貴重だ。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-06-10 23:15 | プライベート
ミッドタウンのとっておきの場所。

それは、東京初出店のブティックでも、世界水準の味とサービスを誇るレストランでもない。

これまでの常識を覆す挑戦をしているところ。

2つの銀行がその答えだ。

スルガ銀行の「d-labo」
d0098729_23162194.jpg

ライブラリーコーナーの書籍のチョイスが抜群にいい。アート、哲学、歴史、そしてマネー。デザイン関係の本も充実している。思わず時が経つのを忘れて、過ごしてしまいそう。

また、定期的にセミナーやイベントを開催するようだが、銀行にありがちなお金や商品の説明はあえてしないようだ。

一回目の内容は、「d-laboから考える - 僕らは都市に夢を見るか」

ブレーンのテイストが色濃く反映している。継続性を持たせつつ、どのような方向性になるのか、しばらく目が離せない。

ちなみに、ドリンクバーはトランジットの運営。メニューがあるのでその中からチョイスできる。オリジナルドリンクがオススメ。

りそな銀行は、森田恭通のデザイン。ただし、こちらはスタッフが多く、高級感を出し店舗作りをしていて、人が気軽に立ち寄る空間になっておらず、入りにくい。話題づくり、ショールーム的な位置づけなのだろうが、いずれランニングコストの問題に直面するのではないか?
d0098729_23165127.jpg


週末も開いているので、混雑を避けてリラックスする場所としても最高。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-06-08 23:28 | 金融

気になるパン屋

今週、東京タワー近くにひとつのパン屋がオープン。

その店の名は、「オレンジのバイテン」

興味を持った理由。

1. プレゼン資料を忠実に再現したサイト構成。

2. パン屋にしては不思議な営業時間(平日11:00-18:00)

3. この店のプロデューサー。

東京タワーのカレー屋さんとハシゴしてみるとするか。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-06-07 22:40 | マーケティング

「LOVE DAY」

6月8日は、Cartierの“LOVE DAY”

    テーマは 「愛のためにどこまで行けるか?」

昨年ニューヨークとパリで成功したイベントというか、マーケティング手法が日本に上陸。チャリティブレスレットの海老蔵のブラックや中田英のホワイトも気になるが、やっぱ教授のグリーンが欲しい。

愛の絆を象徴するジュエリーの戦略にまんまと乗っちゃいそうですね。
d0098729_2315121.jpg

[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-06-06 23:26 | マーケティング

『HOLLYWOODLAND』

「HOLLYWOODLAND」を観る。
d0098729_23431053.jpg


50年以上前にハリウッドで実際に起きたテレビ版「スーパーマン」シリーズの主演俳優ジョージ・リーヴスの死の謎に迫るサスペンスドラマ。ベン・アフレック、エイドリアン・ブロディ、ダイアン・レインが出演。

ハリウッドスターの謎の死を中止に描いたこの作品は、スーパーマンという大ヒットキャラクターを背負った俳優の苦悩、ハリウッドの光と影、男と女の人間模様を、事件当時と事件を解明するその後のシーンをクロスさせながら展開していく。

スーパーマンのジョージ・リーブスを演じるのはベン・アフレックは、口調や仕草を徹底的に研究し、本作品でヴェネチア国際映画祭男優賞を受賞。本編で、ジョージ・リーブスのVが流れるシーンがあるが、実際そっくりだった。『戦場のピアニスト』のエイドリアン・ブロディは、憂い、挫折感を背負った探偵役を好演。

全体としてはサスペンス調で面白かったが、。『Sleeping With The Enemy』ぐらいの緊迫感あるテイストだともっとよい作品になっていたかも。

公開は命日にあたる6月16日。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-06-04 23:59 | 映画