話題のスポットや、音楽、ショップ、グルメなど、そしてときどきマーケティングや金融のことを綴ります


by toyamanoie31013
カレンダー

<   2007年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

投資の心理学

今回の金利上昇によって、また、今後数年は金利上昇傾向が続くと予想されることから、金融商品に対する関心度が高まっていくと思う。

昨年はライブドアに始まり、村上ファンドの問題なので個人投資家のマインドが大きく冷え込んでしまったが、ここにきてマーケットも好調で、徐々に個人投資家が戻ってきている雰囲気を感じる。また、今年のテーマである団塊の世代がどう動くかが、興味深いところだ。

日銀総裁が週末行った講演の模様が日経新聞に掲載されていた。

日銀の福井俊彦総裁は25日、都内で開いた「イエコノミー・シンポジウム」(日本経済新聞社主催)で講演し「家計は労働力を提供するとともに資金の出し手でもある。家計の金融資産のより有効な活用への期待が高まっている」と語った。家計が抱える約1500兆円の金融資産が投資に回って経済を活性化すれば「経済成長率が高まることも十分ありうる」と指摘。家計資産を生かし、日本経済の活力を増す必要性を強調した。

 福井総裁は「日本経済が再生を果たした現在、将来に夢を持ち、前に進める機会は着実に増加している」と指摘。そのうえで「人生にはつきものであるリスクを認識し、それにうまく対処しながら生活を経営していくことが要求される」と述べ、個人もある程度のリスクを取って積極的な資産運用をする必要があるとの考えを示した。


日銀総裁が投資を推奨するような発言に対し、批判的なコメントがあるようであるが、それは予想されたことで、その点について、どうこういうつもりはない。

ただ、投資経験の無い人が、電車に乗り遅れまいとして、いきなりマーケットに入っていることは避けなくてはいけない。投資には、知識・テックニックが要求され、その前提を持たないと投資で成功することはない。つまり損をしてしまう。

投資は、買うときは心理的にはフラットな状態で入っていくが、売るときは、価格による影響で心がフラットな状態にはない。買ったものに対して価格が高くなっていると、例えば、「もっと上がるからいま売るのは待とう」、と思ったり、反対に「よしよし、利益がでるから売ってしまおう」などと考える。下げれば、「きっと元の価格までもどるから、それまで待とう」などと、心理的な思いが交錯し、冷静な判断がしにくくなる。これが、普通の人の気持ちであり、当たり前のことなのだ。そして、それを分析した行動心理学は、ノーベル賞を受賞している。

しかし、マーケットでは、普通の心理で売買をしている限りは成功できない。極端なことを言えば、あたりまえに感じることや、思っていることに逆らって行動しないと損をする。

そして、こればかりは頭で理解していても、万人が正しい行動を取れるというわけではないから難しいのである。つまり、向き不向きの問題なのだ。

だから、「すべての人に株式投資を!」なんてことはありえないのである。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-02-28 01:29 | 金融
海外で高い評価を得ているグレゴリー・コルベールのノマディック・ミュージアムが、来月お台場にやってくる。

Ashes and Snow のビジョン
「全ての動物が共有できる言葉と詩的感性を探求しながら、私はかつて人間が動物と平和に共存していた頃の、共通の土台を再発見することを目指しているのです」「私の画像が描き出す世界には、始めも終わりもなければ、こちらとあちらという観念もなく、過去も現在も存在していません」


下の右側の写真を見たとき、合成写真かと思ったが、違うのである。子供が象に本を読み聞かせているとこの作品は、とても幻想的で、かつ、愛に満ち溢れる奇跡の一枚と言える。
d0098729_0315042.gif


また、注目される点として、坂茂の移動式仮設美術館である。ショッピング・コンテナを主体構造として、展示のモジュールを作り出す内部の紙管の列柱とで屋根を支えている、建物そのものがアートなのだ。ソウルに昨年オープンしたペイパーテイナー美術館のような建物が、東京湾の水辺に出現するのが待ち遠しい。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-02-27 00:30 | イベント
周防監督の久し振りの映画『それでもボクはやってない』を観る。

d0098729_20523283.jpg


痴漢冤罪を通して日本裁判制度の問題点を浮き彫りにする作品。テンポがよく、ぐいぐいと映画に引き込まれていくストーリー展開。また、刑事事件を裁く現場が、矛盾に満ち、多くの問題を抱えていることが理解できる秀逸な作品。

司法制度改革で、陪審員制度が今後始まるが、「疑わしきは被告人の利益に」の原則に立ち返らないと冤罪の悲劇は無くならない。

「それでもボクはやってない」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-02-26 00:08 | 映画
ノイズを立てる手法はマーケティングの基本だが、それはネガティブなものでも構わないという一例がこちら

エスプリの効いた「明るい悪口」で、雑誌に対するフィードバックを集め、紙面作りに役立てるといったユニークな試み。最優秀はビジネスで世界一周のペアなので、金額的価値でいったら150万円以上でしょうか?

また、審査員はライブドアの買収問題で話題になったにニッポン放送の当時の社長 亀淵氏。週刊朝日はこのにもエスプリを効かせてます。

がんばって応募してみようかしら。でも、当選したら行く時間があるのだろうかと杞憂してみる。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-02-25 00:06 | マーケティング
d0098729_0581477.jpg国際フォーラムで、『蒼き狼 地果て海尽きるまで』ワールドプレミア試写会。

オープニングには、主題歌のライブパフォーマンスや、映画の騎馬隊が松明を掲げて舞台にあがるなど、華やいだ雰囲気を演出。

この日は、舞台挨拶があり、反町隆史、菊川怜、若村麻由美、 袴田吉彦、松方弘樹、角川春樹といった豪華顔ぶれが揃う。反町君の挨拶の声が、映画の中の主人公のままで渋かったことが印象に残る。

映画の内容は、はっきり言ってイマイチ。制作費30億円、オールモンゴルロケなどスケールの大きさが売り物だが、残念ながら演出に深みが感じられない。コリン・ファレル主演の「アレキサンダー」の方が騎馬隊の戦闘シーンは迫力があったし、俳優たちの存在感、演技力もも格段に上。若村さんはいいにしても、菊川では。。。

また、英語の字幕が出ていたが、これが恐ろしいほど日本語の直訳。海外での上映も決定しているがどうなるか? 松竹さん、大丈夫でしょうか?
「蒼き狼 地果て海尽きるまで」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-02-24 01:14 | 映画

うどん&金比羅さん

山の中の行列の出来るうどん屋さん「山越」に行く。駅からとぼとぼ歩くが、予想以上の距離。歩けど歩けど着かず、30分以上歩いただろうか?ようやく着いて注文したのは「かけあつ」 2玉、いわし天で合計300円。いわし天は、想像とことなり、あっさりした味付け。うどんはやはり美味しいし、1玉で100円という安さが人気に秘訣だと感じた。d0098729_1234227.jpg
d0098729_1252367.jpg
d0098729_1231264.jpg
次に向かったのが、琴平 金乃比羅宮。祖母が昔、四国巡礼をしていて、その様子を聞かされていたので、遠く四国のこの場所にいつか行ってみたいという一種の憧れがあった。また、金毘羅歌舞伎もぜひ一度見たいと思っていた。今回念願叶ってお参りすることができた。奥の院までの、合計1368段の階段を上る。「山越」の往復で10キロ以上歩いており、その後のこの階段の登りはきつかった。

金比羅山の社は、かやぶきで、山の奥に佇み、歳月を感じる鄙びた雰囲気がすばらしい。渡り廊下も美しく、下から何段も階段を登ってきた疲れを吹き飛ばす。
d0098729_124890.jpg

d0098729_1241895.jpg

旅の最後は「金丸座」。すばらしい芝居小屋という一言に尽きる。金毘羅歌舞伎を再開した、中村吉右衛門、澤村藤十郎がNHKの収録で訪れた際に、この建物に魅せられ、舞台を決意したのもうなずける。劇場は、入館料の500円を払えば、花道、舞台、奈落、楽屋などすべて自由に見学できる。これはお得である。
d0098729_1242974.jpg


d0098729_1244045.jpg



今回はなんとなくあわただしい旅であったが、次回はレンタカーでも借りてのんびりうどん屋巡りをしながら旅してみたい。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-02-23 01:35 | プライベート

アート アート アート

瀬戸内に浮かぶアートの島、直島

安藤忠雄が好きで、仕事上で瀬戸内オリーブ基金と関わったこともあり、直島はいつか行きたいと思っていたところ。
d0098729_22452588.jpg2月の冷たい雨が降る中を、フェリーで向かう。直島の船着場は、日本で一番アートな雰囲気の建物、待合室である。



d0098729_22411828.jpg
島に着くと真っ先に見える、草間彌生の南瓜。


d0098729_22262653.jpg
ベネッセミュージアムと、地中美術館を巡る。

ベネッセミュージアムは、安藤忠雄の講演でたびたび聞いていた「リチャード・ロング」の作品に触れる。流木や、鉄の破片、そして美術館の壁、すべて彼の作品は「円」で表現される。一見、単なる円を描いたようにも見えなくも無いが、ずっと見ていると引き込まれる奥深さがある。とにかく、ここは想像力、感性が豊かでないと楽しめない芸術作品ばかり。

地中美術館は、建物もアート、作品の一部という考えで作られている。コンクリート打ちっ放し館内は、安藤作品の「共生」が感じられる建物。順路は、外と内との共存、途中で屋外にでるような作りになっている。モネの「睡蓮」は、天井の高い空間に4点が飾られ、自然光がやさしく差し込む白を基調とした室内で、清楚な雰囲気をかもし出している。ジェームズ・タレルの光のオブジェは、体験型のアートで、空中にトリップする不思議な感覚に包まれる。ウォルター・デ・マリアの「タイム/タイムレス/ノー・タイム」は、教会の中にいる様な錯覚を持たせる。そして、巨大な花崗岩の球体の存在感に圧倒される。

入場料の2千円は高いと思うが、直島に行ったらぜひ訪れたいところである。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-02-21 22:28 | プライベート

驚き木の中華

仲の良いメンバー4人で遅めの新年会。

場所は三田にある評判の中華料理の店 桃の木

雑誌では何度も拝見し、私のボスも絶賛していて以前から行きたいと思っていた。ランチでお邪魔したことがあるが、ディナーは初めて。期待に胸を膨らませていざお店へ。

料理は7千円のコースを選択。

・お通し 北海道産活け縞海老の特製醤油漬け
・前菜の盛り合わせ(アナゴの唐揚黒酢風味上海風、ピータンの唐揚げなど)
・旬のお野菜のお料理
・アヒルの舌の山椒、唐辛子、香草炒め
・ハタのお料理
・鳥煮込み麺と中華ちまき
・木桶入りアンニン豆腐
d0098729_0191715.jpg
d0098729_0193957.jpg

d0098729_0244575.jpg

どれも繊細、かつ斬新なアイデア溢れる料理。前菜の縞海老は、醤油が磯の風味を引き立てお酒がすすむ一品。アヒルの舌は、出される前はどんな形なのか興味があったが、チキンの細い足のような料理。コリコリとした歯ごたえで、肉の旨味も十分で美味しい。お酒は紹興酒。普段はあまり飲まないが、本格中華にはやはり紹興酒をあわせたくなる。「陳年花彫酒古越龍山」をオーダー。一通り料理が出たところで、麺とご飯。煮込み麺とちまきをシェアする。この煮込み麺が絶品。スープのお出汁が体に染み渡るような、そして適度な塩加減が素晴らしく美味しい。2人前を4人で食べたので、まだまだ食べられる、食べたい、そんな衝動に駆られる。最後は杏仁豆腐。木桶入りで、一見豆腐のような雰囲気。シロップを掛けて食べるそれは、まさに至福のデザート。大満足のディナーであった。

コースでも、あらかじめ苦手な食材や、味付け、量などリクエストを言うと、気さくに対応してくれる、なんともホスピタリティー溢れ、近いうちにまた行きたくなるお店である。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-02-15 00:23 |

グラミー結果

ディクシー・チックスがノミネートされた5部門をすべて受賞するという打率10割を達成。最近の反ブッシュ、反イラクの流れが加速してきているのかも知れない。私の予想はすべて外れ。全部ディクシー・チックスがさらうとは立派。
d0098729_16371856.jpg

・年間最優秀アルバム賞:ディクシー・チックス「テイキング・ザ・ロング・ウェイ」
・年間最優秀レコード賞:ディクシー・チックス「ノット・レディ・トゥ・メイク・ナイス」
・年間最優秀楽曲賞:ディクシー・チックス「ノット・レディ・トゥ・メイク・ナイス」
・年間最優秀新人賞:キャリー・アンダーウッド
[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-02-12 16:36 | プライベート

グラミー賞予想

アメリカ音楽最大の祭典、グラミー賞。なんでも予想するのが好きなので、賞の行方を占ってみる。

Record Of The Year
Be Without You: Mary J. Blige

Album Of The Year
Stadium Arcadium: Red Hot Chili Peppers

Song Of The Year
You're Beautiful: James Blunt

見どころは、賞とは関係ないがポリスの一夜限りの再結成ライブ。しびれること間違いなし。

ちなみにWOWOWでは番組連動のこんな企画をやっている。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-02-12 00:06 | プライベート