話題のスポットや、音楽、ショップ、グルメなど、そしてときどきマーケティングや金融のことを綴ります


by toyamanoie31013
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:プライベート( 45 )

仕事で日産に行ったら、ちょうどスカイラインの発表会だったので覗いてみる。
d0098729_22384373.jpg
d0098729_2238597.jpg


夜の銀座で見つけたディスプレー。
実はみずほ銀行の支店のもの。若手アーティストを支援する一環。銀行も大分変わってきた。
d0098729_22411587.jpg

近所の流鏑馬の会場。走路の砂を敷き詰めるなど開催の約1週間前から準備。お疲れ様です。
d0098729_2242421.jpg
d0098729_22425696.jpg

[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-10-06 22:43 | プライベート

携帯電話 沈す

土曜日、急に仕事の呼び出しが掛かり、外出前にトイレへ。

要を済ませ、立ち上がった瞬間、便器に金属が落ちる音が響く・・・・・・。

瞬時に事態を把握し、必死に救出活動を試みるも、すっぽりはまり活動は難航を極める。嵌ったものは、必ず外れると冷静に考え、上下を変えてやっと救出。その間3,4分だろうか。

相手は精密機械。水は大敵。あー。
データが消える。水没は修理も受け付けてくれず。

B量販店で、手続き直前まで行くも不愉快な出来事ー案内の不手際ーがあり、ドコモショップへ。

そこで、機種変更が一番安かったこちらを購入。DOLCE&GABBANAモデルではない。
d0098729_0375137.jpg


スケジュールと電話帳をこつこつ入力しています。
しかし、携帯のバックアップを真剣に考えねば。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-10-02 00:40 | プライベート

茶会

自分には殊更の特別感がある夏柑糖で有名な老松

5代目 太田 達さんによる茶会。形式に囚われず、気さくな雰囲気で。でも、茶道具は、普段はガラスの向こう側にあるような一級品。

d0098729_14243749.jpg
d0098729_14245191.jpg
d0098729_1425943.jpg


老松は、ドイツのワールドカップで1週間茶会を開いたり、コンサートで、曲をイメージした和菓子を創作したりと、積極的にコラボレーションを手掛けているそう。伝統を大切にしながら、常に新しいことにチャレンジする。和菓子作りとはそういうものなのかも知れない。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-09-30 14:33 | プライベート

アメリカでゴルフ

お彼岸になっても日照りの真夏日。夏は大好きだが、この気象は異常。

そんな今年の猛暑の夏の最後のイベントは、「Tama Hills Golf Course」でのゴルフ。
d0098729_8195744.jpg

横田基地の米軍のリクリエーション施設で、関係者の紹介でこの日は仲良し4人組でプレー。フェアウェーは広めで、ストレートが多く、そして適度のアップダウンのコース。どのホールも距離はしっかりで、3番はPar3で200ヤード以上。

ウッド、アイアンともボールが右に出て、修正を試みるも最後まで治らず、フェアウェーがキープできない状態だったが、お下がりのパターの相性がよく、長めのパットが決まりスコアはまずまず。
d0098729_817778.jpg

[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-09-24 08:18 | プライベート

天空の水族館

長蛇の列が出来ていた「スカイ アクアリウム with ぺリエ カフェ
d0098729_23502394.jpg

好評につき、会期を延長に延長を重ねている。

高層ビルの展望台に水族館、企画の勝利といったところ。
d0098729_2342596.jpg

手振れの夜景もアーティスティック?
d0098729_23422674.jpg


ただし、水族館と云っても小さな水槽をライトアップで魅せているので、こじんまりとしている。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-09-22 23:47 | プライベート

本当はどっちだ?

少し前に話題になった「脳内メーカー」

恐る恐るやってみる。

姓名の間にスペースありバージョン
d0098729_114986.jpg

姓名の間にスペースなしバージョン
d0098729_12113.jpg


うーん、どっちが本当の自分なんだ???
[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-08-20 01:04 | プライベート

続・夏休み@静岡県

旅の最終日。

まずは、三保の松原。
日本三景の一つで期待していたが、「こんなもんか」

時間の都合で、日本平には行けず、次の目的地 沼津へ。

学生時代から通う 「丸天」

これほど新鮮で、コストパフォーマンスが高く、旨い魚を食わせる店を知らない。

鮮度が命で東京では食べることができない「生しらす」、駿河湾名物の「生桜えび 」。中トロの刺身なんて、あっという間になくなり、追加のオーダー。てんぷらの盛り合わせもボリューム満点。この店はこれからも沼津に来る目的になり続ける。

ちなみに、ここの接客は以前まではかなりひどく、お客が定員に気を使う雰囲気だったが、大分変わっていた。相変わらずの女将?は健在だったけど。

最後の目的地 箱根彫刻の森美術館
昨年に引き続き『Audi MUSIC meets ART』
とてもご機嫌な気分にさせてくれる大好きなイベント。
芝生の感触、そして高原の空気。
鳥や蝉の鳴き声。
たそがれ時に始まり、だんだん日が暮れて、そして森の暗闇の中に移り行く流れの中で、奏でられる上質の音楽。
これほど感性を刺激される機会はめったにない。

d0098729_184829.jpg

d0098729_192486.jpg
d0098729_195297.jpg
Audi meets ART

d0098729_112882.jpg
素足に芝生の感触を楽しみながら音楽を聴く幸せ

d0098729_1101761.jpg
夜更け前
d0098729_1103583.jpg
終演後の雰囲気

[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-08-05 00:41 | プライベート

夏休み@静岡県

午前中に京都から静岡県某所の親戚の家へ。

うなぎの有名なお店で一先ずお昼ごはん。炭火焼で焼いたうなぎは、久し振りに食べることもあって格別、美味かった。

まず、一軒目。
こちらは、徳川慶喜さんが鷹狩りの訪れた由緒ある?家。庭も驚くほど広いのだが、家人が高齢のためか、庭の手入れが気になる。(落ち葉が結構そのまま)
d0098729_0125493.jpgd0098729_0131337.jpg

そして、近くの別の親戚の家に移動。
この界隈でも少なくなった藁葺屋根。そして公園のような広大な敷地の庭。蔵もあったり、なんとも桁違いなお屋敷。こちらは、庭師が入ったり、きちんと手入れがされていて綺麗。
d0098729_0191297.jpg
d0098729_0192793.jpg
d0098729_0195180.jpg
d0098729_0201181.jpg
d0098729_0203350.jpg


親戚とつかの間のお話を楽しみ今宵の宿泊地 焼津に移動。
焼津といったら魚。前日ネットで調べた候補の中から、かどやへ。刺身盛り合わせ、金目鯛、のどぐろの煮付けなどを注文。どれも東京の3,4割安い料金だが、お味は??? たぶん期待値が高すぎたのだと思う。そして、食べてる内にこの不完全燃焼を打開すべく、翌日は沼津のあのお店に行くことを誓う。
d0098729_0315912.jpg

d0098729_0321351.jpg

d0098729_0322768.jpg

[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-08-04 23:09 | プライベート

続・夏休み@京都

京都2日目。

嵐山、太秦方面をお昼過ぎまで。
台風の影響で風が強かったり、ときどき雨が強く降ったりの天気。
ただ、この時期の京都にしては気温が低めで、逆に過ごし易い。

ホテルへ戻る前に、大好きな阿闍梨餅を食べに満月の本店に。
薬師寺のお坊さんに教えてもらったか、よく覚えていないが、初めて食べたときの驚きが忘れなれない。それ以来、もっとも好きな京都の和菓子。どら焼きに似ているが、皮のモチモチ感が絶品。鶴屋吉信の「つばらつばら」が同じ系統だが、餡、皮どちらも阿闍梨餅の方が美味い。買ってすぐに店先のベンチで食す。作りたての温かさは、本店ならでは。東京でも買えるが、出来立てを味わえる満足感。あー、幸せ。
d0098729_23511693.jpg

d0098729_0122479.jpg

d0098729_23535995.jpg

「満月」は、本店のみの販売で、しかも土日祝のみの販売で購入できず。幻の菓子となる。

夜はお米屋さんの洋食店。
ご飯のおいしさがたまらない。
d0098729_23542762.jpg

[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-08-03 22:10 | プライベート

夏休み@神戸

朝方はよいお天気だったが、台風の影響で徐々に曇り、風が強くなったり、にわか雨が降ったりの天気。

ホテルの部屋からの景色。やっぱり神戸の街は、港町独特の風情があっていい。
d0098729_23412436.jpg


六甲牧場。この頃の天気が一番怪しかった。
d0098729_23413665.jpg


お昼を過ぎた頃に南京町へ到着。まったく情報を持たずに行ったので、適当によさそうなお店を探してはいったのがこちら。チャーハンなどのランチメニューを食べたが、結構おいしかった。(帰ってきた後に、神戸に詳しい友人に聞いたら、別館牡丹園がオススメとのこと。次回は必ずそこへ行こう!)

ランチの後は、老祥記で豚饅頭。肉汁がジューシーととても美味。

その後、京都へ。
アトリウムのスタイルのホテル。
d0098729_23565916.jpg

部屋窓からの眺め。眼下には大きな日本家屋。ホテル周辺にも醤油屋さんや味噌屋さんなど、実際に製造しているところがあって、京の町といった趣き。
d0098729_23571434.jpg

[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-08-02 23:38 | プライベート