話題のスポットや、音楽、ショップ、グルメなど、そしてときどきマーケティングや金融のことを綴ります


by toyamanoie31013
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:食( 22 )

サンタからのプレゼント

数多ある飲食店グループの中で、好きな会社がいくつかある。

そのうちの一つが際コーポレーション

なぜ好きかといえば、お店の雰囲気や料理もいいのだが、何よりも中島さんのキャラクターが最高なのである。人生の良いときも、悪いときも、すべてを受け入れてきた器の大きさ、兄貴的な存在感。それが、お店の空気感となっている。

そんな彼のお店が、丸の内の仲通に路面にオープン。
d0098729_21435481.jpg

d0098729_2225757.jpg

丸の内は、ここ数年で本当に面白い街になったが、それは旬の勢いのあるショップやレストランを引き込んできたからではないか。

オープン前の店をたまたま通りがかったら、店内ではスタッフがミーティング中。
きっと寝る暇もなく、追い込みのとき。だが、オープンしてたくさんのお客様を前にすると、それまでの苦労も忘れてしまうだろう。

そして、25日はレセプション。

こんな時代ですから、料金は「フリー」です。

まさに中島さんからのクリスマス・プレゼント!
[PR]
by toyamanoie31013 | 2008-12-24 21:55 |

食え九絵

思わぬところで遭遇したのでパチリ
d0098729_04596.jpg


自分の中では今まででイチバン思い出に残っている料理の九絵、クエ鍋

大阪でとても気になるお店を見つけたので、2月ごろいけるかな?
[PR]
by toyamanoie31013 | 2008-12-13 00:45 |

シャンパンの夕べ

伊勢丹主催のベージュ アラン・デュカス東京で愉しむ究極のシャンパーニュの夕べ

シャンパン全種類制覇しようと思うと18種類。
スタートは押さえていたつもりが、ついつい飲みすぎる。

ロブマイヤーのチューリップで乾杯。
グラスのこの薄さ、この手作り感。そしてかたち。
水までもが美味しく飲めるといわれるロブマイヤーだけのことはある。

料理も、シャンパンも美味しいのだが、次から次へのシャンパンが注がれ、途中から明らかに酔っ払う。

クリスタルのブリュット2002なんてめったに飲まないのに、もったいないな。
ボランジェのRD 1997も。

テーブルで同席だった方が、お喋りでとても面白く、楽しいひととき。
一人が着物を着て来られ、もう一人が着付け教室に通っていたため着物の話しで盛り上がる。

考えてみれば、たかだか60,70年前までは日本人は基本的に着物を着ていたわけで、着物の衰退は、ある意味で日本文化の危機的状況。フランスのオートクチュールを、政府がサポートして、服飾文化を守るように、日本も本気でやっていかないの、近い将来作れる人がいなくなってしまうのではないか?

話しを戻して、シャンパン。

とにかく酔っ払い、帰りが大変。
頭も痛くなるし、最後は散々。とほほ。

d0098729_23265173.jpg
d0098729_2327458.jpg
d0098729_2327169.jpg
d0098729_23272744.jpg
d0098729_23274661.jpg
d0098729_23275818.jpg
d0098729_2328102.jpg
d0098729_23282523.jpg
d0098729_23292070.jpg
d0098729_23293360.jpg
d0098729_23294685.jpg
d0098729_233002.jpg
d0098729_23301369.jpg

d0098729_23504518.jpg
d0098729_2351598.jpg

[PR]
by toyamanoie31013 | 2008-11-18 23:42 |

グルメな夜

いろいろな食材や食の楽しみを発見できる集まり。

去年は大七の梅酒に出逢えた。焼酎ではなく、お酒で漬けた梅酒をロックで飲むと最高に旨い。別次元の味。
ちなみに、洞爺湖サミットの乾杯酒に、大七酒造の「妙花闌曲グランド・キュヴェ」が選ばれたそう。さすがにこのお酒は出ていなかったけど。

鱸のオリーブとホウレン草の塩釜蒸し。残念ながら、オリーブの香ばしさがあまり出ておらず、出来はいまひとつ。新いレシピへのチャレンジはいいけどね。
d0098729_23281145.jpg

鯖の刺身と棒寿司。脂がのっていて、とても旨い。もともとヒカリモノ好きの私は、何度もオワカリする。
d0098729_23283449.jpg

d0098729_23284967.jpg
d0098729_2329834.jpg

期待した塩キャラメルプリンは、ちょっとコクが足りず、また量が多すぎで完成度は残念ながら高くない。塩キャラメルブームだけど、もう一息!
d0098729_23292472.jpg


美味しいものをたくさん食べたけど、最大の収穫は職業柄、いろいろなお店を取材している方から仕入れたレストラン情報。イタリアンと和食が好きだと伝えると、パスタが美味しいイタリアンと、焼鳥のお店を教えてくれた。知らないお店だっただけに、とても興味が。そして、山梨の天然酵母のパン屋も。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2008-10-26 23:26 |

老舗の矜持と革新

老舗和菓子店は、昔からの伝統を守ること、ただそれだけが重要と思ってしまいがちだが、新しいことにチャレンジし続けることで、伝統が守られていることを改めて実感した週末。

メディアには敢えて出さないと聞いていた。

行ってみると、その理由が分かる。

工場がある、地元の人たちに向かった立ち位置。
遠方からやってくる観光客を相手にしているのではない。

店舗は内藤廣さんらしい、気の温もりと無駄を削ぎ落とした設計。
アールが美しい。
d0098729_23244482.jpg
d0098729_23251353.jpg

ガラス張りの作業工程が見える設計は、職人からの猛反発があったそうだが、関西の老舗料亭の件の事件の後では、何よりも安心感を与える。
セルフサービスは、他の店舗からの反省もあるようで、カジュアルで、肩肘張らずにリラックスできる空間になっている。
d0098729_23255181.jpg

敷地内にある竹林から採った竹の器の筍おこわ。もち米と採れたての筍と組み合わせが最高。
d0098729_23395765.jpg


普通、いいお店は人に云いたくなるものだが、ここは自分だけのとっておきの場所として、云わないという人が多いそうである。

まさしくその通りのお店である。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2008-05-19 23:37 |

友達が先生

趣味が料理と云う人は、私の周りでも何人かいるが、先生になってしまった人はこの人が初。
いつもは、広告の話、と云ってもプランナーやアートディレクターで盛り上がる飲み友達である。

フランス料理の教室に通っているうちに、先生のアシスタントを努めるようになり、ついに講座を担当するまでになった。今回は体験コースに誘われる。

メニューは
●ポンムドーフィノワ
●若鶏のソテー ブルーベリーソース

マンションの一室で、シンプルモダンのおしゃれな部屋。
d0098729_001338.jpg

骨付きのチキン。上手く焼けるか?
d0098729_00336.jpg

出来上がり。鶏はジューシーで、ふっくら焼けており、ポンムドーフィノワはクリーミーでとても美味しい。
d0098729_01378.jpg

ブルーベリーソースは、冷凍のフォンド・ヴォーを使って仕上げる。家で普段料理するには、このソース作りが問題。フレンチはやはりソースがポイントだが、材料費も手間も掛かるなー。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2008-02-02 23:31 |

星の料理教室

ミシェラン発表後、星の付いたお店は取材や予約の電話が殺到して大変なことになっているとか。

そんなミシェラン狂想曲の中、★の分とく山 野崎 洋光さんに料理を教わる。
d0098729_23172250.jpg

独自の出汁の取り方で有名な料理人だが、この日もなるほどと気付かされる話しが多く、ためになる。また、食の大切さを再認識。

話しもユーモアのセンスがあり、とても上手で、飽きさせない。
d0098729_23201079.jpg
d0098729_23202380.jpg

ひと手間の湯通しがやはりポイント。
家でも簡単に出来るので、早速トライしてみよう。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2008-01-16 23:23 |

4つの幸せ

先日「ふく」をいっしょに食べたのお誘いで創作鍋の取材にお邪魔する。場所は、山手線の駅からすぐそばのタワーマンションの30階。1階にはコンシェルジュが常駐。バーコードが発券され、エレベーターでかざして、該当のフロアでしか降りられない仕組み。そのセキュリティーのすごさに驚く。

本日作るは、
海鮮鍋、中華風鍋、イタリアン鍋、横浜牛鍋
海鮮鍋の具材
d0098729_23514943.jpg

イタリアン鍋の具材
d0098729_23562118.jpg

アサリをワインで煮て出汁をとる。アサリのワイン蒸しはお酒のつまみに。
d0098729_23582166.jpg

ズッキーニなど、イタリアンな食材をふんだんに。
d0098729_23595093.jpg

〆は、パスタ。コンキエリやカッペリーニなどの細麺がソースと絡みやすくてよい。
d0098729_014995.jpg

赤いソースには赤ワイン。ちょうどもらったボージョレ・ヴィラージュ・プリムール キュヴェ・トラディション(ボジョレー独特のマセラシオンカルボニック製法をせず、一般のワインと同じ伝統的製法で醸造しました。新鮮でフルーティな香りとともに確かなコクと味わいを長く楽しむことができます。)をみなで飲む。フレッシュだが、この料理となかなか合っておいしい。
d0098729_041895.jpg

牛鍋の具材。
d0098729_05757.jpg

八丁味噌と普通の味噌を合わせて作る。〆の焼き飯が最高!
d0098729_0203968.jpg

撮影も順調に進む。先週は3つの鍋を撮影したらしいが、そのときよりも早く終了。
d0098729_073128.jpg

便利な料理道具が揃うキッチン。
d0098729_074443.jpg

余った材料を持ち帰りたい人で分けるというので、イタリアン鍋をさっそく作りたくなった私は、その材料を持ち帰り作る。とても簡単に作れ、中に入れる素材を変えて、いろいろバリエーションも楽しめるので、しばらく嵌りそうである。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-11-18 23:43 |

ふく

食の仕事関係でお世話になった方から、退職の挨拶メールをもらう。早速電話し、飲みに行きましょうということになり、阿佐ヶ谷のふくのお店へ。

阿佐ヶ谷で降りるのは人生初。駅周辺は、飲食店が密集しており、楽しそうな街。かねてから、高円寺や荻窪など中央線沿線のお店を開拓したいと思いつつ縁がなかった。

大分冷え込んできたので鍋が美味しい季節。
煮凝り、皮酢
d0098729_0184218.jpg

てっさ
d0098729_0185163.jpg

てっちり
d0098729_019179.jpg


日本酒との組み合わせは最高だが、少し飲みすぎる。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-11-16 00:27 |

星の行方

11月22日発売になるミシュランガイド東京。メディアの特集企画も増えてきて、徐々に盛り上がってきた。
d0098729_23483458.jpg

どうも様子では、三ツ星は、「ピエール・ガニェール東京」、「すきやばし次郎」みたい。
その他、私の興味は

フランスで星付きの「ひらまつ」や「ステラ・マリス」は、日本のお店で星がいくつになるのか?

吉兆はこの騒動で、星に影響を受けるのか?

三ツ星をはじめ、星が付いた店には取材が殺到し、またガイド片手にお客が殺到するだろう。きっと数万円のお店であっても。

19日に記者発表があり、その場で晴れて星の数が明らかになるので、楽しみにして待っていよう。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-11-13 23:45 |