話題のスポットや、音楽、ショップ、グルメなど、そしてときどきマーケティングや金融のことを綴ります


by toyamanoie31013
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

審判

アートの盛り上がりで、企業が若手アーティストを支援、発掘する試みが、ある種のトレンドになりつつある。CSRとして、そして、今なら斬新さがあるのでパブリシティ効果も狙える。

そのなかでも、規模が大きいのが三菱商事アート・ゲート・プログラム

日本を代表し世界をリードする総合商社である三菱商事株式会社は若き才能のあるアーティストの育成とキャリア支援を目的として『三菱商事アート・ゲート・プログラム』を創設し、年間200点の将来性のあるアーティストによる現代アート作品を公募により購入いたします。本プログラムは芸術系および一般の大学・大学院や専門学校等に通う学生、または卒業後3年未満(学科・専攻は問わない)のプロのアーティストを志す皆様が、本プログラムに参加することにより、今後のアート市場デビューやアーティストとしてのキャリア形成の一助として頂こうと企画されました。本プログラムはアーティストの皆様に一般社会や世界のアート市場に切り込んでいくゲート(登竜門)となるべく『三菱商事アート・ゲート・プログラム』と命名されました。

そのオークションが開かれたので参加する。

このオークションに出品しているの作家の多くは現役美大生なのだが、眼の前で自分の作品の価値の審判を受けるシビアなもので、自分の作品のオークション中はそれはそれは緊張した面持ち。

内覧会で気に入った作品があり、入札する目的もあったのだが、これがイチバンの人気で、かなり高額の値がつく。オークションでは、事前に上限金額を決めておかないと、ややもすると冷静さを失い、競り合って失敗することにもなりかねないので、その辺は気をつける。プロではないので、マーケットメイクされていないまったくの新人の作品を、高い金額で購入するのは、それだけリスクが高い。数年後、そのアーティストの人気が出て、作品の価値が上がる可能性もあるだろうが。
こちらが気に入った作品
d0098729_23312387.jpg

トレンド的には、高額で落札されそうだが、ポップなので思ったほど人気がなかった。
d0098729_233102.jpg


途中で退席したため、後の作品がどのくらいの値が付いたか分からないが、この日の最高額ではないか?

CSRでアートは、会社の内外でも賛否が分かれるものであり、しかし継続性が特に大切なので、今後の動きを見て行きたいと思う。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2008-10-05 23:44 | アート