話題のスポットや、音楽、ショップ、グルメなど、そしてときどきマーケティングや金融のことを綴ります


by toyamanoie31013
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

奇跡の瞬間と演技

初夏の気持ちよい休日、ノマディック美術館Ashes and Snowを観る。

「心打つミュージアム、3ヶ月だけの日本上陸」

d0098729_19543843.jpg
d0098729_19545411.jpg

これまで観たこと、体験したことがないコンセプトで展開するGregory Colbert、坂茂のコンビの移動美術館。手漉きの和紙にセピア色の写真は、あたたかく、人間と動物のヒューマンな関係を見事に表現している。年代、撮影場所といった作品に一切の説明はせず、見る側に作品だけから受ける解釈に委ねる。館内は音楽が流れ、紙管10メートルの高い天井、回廊は柔らかい木の素材を用いて、その両側に砂利を敷き詰める。全体はパルテノンの雰囲気で、幻想的な中でアートを鑑賞する。

スチール写真のほかに、短編二本、長編一本のムービーの上映があるが、これを観て写真の撮影の秘密が判明。一連の作品は、演技を含めた撮影で成立している。動物の脇に立つ人間はプロのダンサーや俳優だろう。ただし、尺が長い。長すぎる。そして冗長。
d0098729_19551994.jpg
d0098729_19553063.jpg
d0098729_19553880.jpg


美術館は美しく、写真は自分で夢の紙風船を割ってしまった。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-06-02 20:44 | アート