話題のスポットや、音楽、ショップ、グルメなど、そしてときどきマーケティングや金融のことを綴ります


by toyamanoie31013
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アート アート アート

瀬戸内に浮かぶアートの島、直島

安藤忠雄が好きで、仕事上で瀬戸内オリーブ基金と関わったこともあり、直島はいつか行きたいと思っていたところ。
d0098729_22452588.jpg2月の冷たい雨が降る中を、フェリーで向かう。直島の船着場は、日本で一番アートな雰囲気の建物、待合室である。



d0098729_22411828.jpg
島に着くと真っ先に見える、草間彌生の南瓜。


d0098729_22262653.jpg
ベネッセミュージアムと、地中美術館を巡る。

ベネッセミュージアムは、安藤忠雄の講演でたびたび聞いていた「リチャード・ロング」の作品に触れる。流木や、鉄の破片、そして美術館の壁、すべて彼の作品は「円」で表現される。一見、単なる円を描いたようにも見えなくも無いが、ずっと見ていると引き込まれる奥深さがある。とにかく、ここは想像力、感性が豊かでないと楽しめない芸術作品ばかり。

地中美術館は、建物もアート、作品の一部という考えで作られている。コンクリート打ちっ放し館内は、安藤作品の「共生」が感じられる建物。順路は、外と内との共存、途中で屋外にでるような作りになっている。モネの「睡蓮」は、天井の高い空間に4点が飾られ、自然光がやさしく差し込む白を基調とした室内で、清楚な雰囲気をかもし出している。ジェームズ・タレルの光のオブジェは、体験型のアートで、空中にトリップする不思議な感覚に包まれる。ウォルター・デ・マリアの「タイム/タイムレス/ノー・タイム」は、教会の中にいる様な錯覚を持たせる。そして、巨大な花崗岩の球体の存在感に圧倒される。

入場料の2千円は高いと思うが、直島に行ったらぜひ訪れたいところである。
[PR]
by toyamanoie31013 | 2007-02-21 22:28 | プライベート